Department of Pathology, The University of Tokyo
Univ TOKYO

人体病理学・病理診断学分野 業績集 2007年

● 原著論文(英文)

  1. Abe T, Fukushima N, Brune K, Boehm C, Sato N, Matsubayashi H, Canto M, Petersen GM, Hruban RH, Goggins M. Genome-wide allelotypes of familial pancreatic adenocarcinomas and familial and sporadic intraductal papillary mucinous neoplasms. Clin Cancer Res 2007 Oct 15;13(20):6019-25.
  2. Fujii K, Ishikawa S, Uchikawa H, Komura D, Shapero MH, Shen F, Hung J, Arai H, Tanaka Y, Sasaki K, Kohno Y, Yamada M, Jones KW, Aburatani H, Miyashita High-density oligonucleotide array with sub-kilobase resolution reveals breakpoint information of submicroscopic deletions in nevoid basal cell carcinoma syndrome. Hum Genet. 2007 Dec;122(5):459-66.
  3. Fukushima N, Fukayama M. Mucinous cystic neoplasms of the pancreas: pathology and molecular genetics. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2007;14(3):238-42.
  4. Fumimura Y, Ikemura M, Saito Y, Sengoku R, Kanemaru K, Sawabe M, Arai T, Ito G, Iwatsubo T, Fukayama M, Mizusawa H, Murayama S. Analysis of the adrenal gland is useful for evaluating pathology of the peripheral autonomic nervous system in lewy body disease. J Neuropathol Exp Neurol. 2007 May;66(5):354-62.
  5. Hashimoto T, Kitayama J, Hidemura A, Ishigami H, Kaizaki S, Fukushima N, Miyata T, Nagawa H. Ume (Japanese Apricot)-Induced Small Bowel Obstruction with Chronic Radiation Enteritis. Case Rep Gastroenterol 1:184-189, 2007.
  6. Hino R, Uozaki H, Inoue Y, Shintani Y, Ushiku T, Sakatani T, Takada K, Fukayama M. Survival Advantage of EBV-Associated Gastric Carcinoma: Survivin Up-regulation by Viral Latent Membrane Protein 2A. Cancer Res. 2008; 68(5): 1427-1435.
  7. Hibi Y, Fukushima N, Tsuchida A, Sofuni A, Itoi T, Moriyasu F, Mukai K, Aoki T. Pancreatic juice cytology and subclassification of intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. Pancreas. 2007 Mar;34(2):197-204.
  8. Igaki H, Nakagawa K, Uozaki H, Akahane M, Hosoi Y, Fukayama M, Miyagawa K, Akashi M, Ohtomo K, Maekawa K. Pathological changes in the gastrointestinal tract of a heavily radiation-exposed worker at the Tokai-mura criticality accident. J Radiat Res (Tokyo). 2008 Jan;49(1):55-62.
  9. Inamura K, Shimoji T, Ninomiya H, Hiramatsu M, Okui M, Satoh Y, Okumura S, Nakagawa K, Noda T, Fukayama M, Ishikawa Y. A metastatic signature in entire lung adenocarcinomas irrespective of morphological heterogeneity. Hum Pathol. 2007 May;38(5):702-9.
  10. Ishida K, Mitoma H, Wada Y, Oka T, Shibahara J, Saito Y, Murayama S, Mizusawa H. Selective loss of Purkinje cells in a patient with anti-glutamic acid decarboxylase antibody-associated cerebellar ataxia. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2007 Feb;78(2):190-2.
  11. Itoi T, Sofuni A, Fukushima N, Itokawa F, Tsuchiya T, Kurihara T, Moriyasu F, Tsuchida A, Kasuya K. Ribonucleotide reductase subunit M2 mRNA expression in pretreatment biopsies obtained from unresectable pancreatic carcinomas. J Gastroenterol. 2007 May;42(5):389-94.
  12. Itoh Y, Kamata-Sakurai M, Denda-Nagai K, Nagai S, Tsuiji M, Ishii-Schrade K, Okada K, Goto A, Fukayama M, Irimura T. Identification and expression of human epiglycanin/MUC21: a novel transmembrane mucin. Glycobiology. 2008 Jan;18(1):74-83.
  13. Kaji Y, Oshika T, Takazawa Y, Fukayama M, Takata T, Fujii N. Localization of D-beta-aspartic acid-containing proteins in human eyes. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Sep;48(9):3923-7.
  14. Kaji Y, Nagai R, Amano S, Takazawa Y, Fukayama M, Oshika T. Advanced glycation end product deposits in climatic droplet keratopathy. Br J of Ophthal. 2007 Jan;91(1):85-8.
  15. Kako S, Kanda Y, Sato T, Goyama S, Noda N, Shoda E, Oshima K, Inoue M, Izutsu K, Watanabe T, Motokura T, Chiba S, Fukayama M, Kurokawa M. Early relapse of JAK2 V617F-positive chronic neutrophilic leukemia with central nervous system infiltration after unrelated bone marrow transplantation. Am J Hematol. 2007 May;82(5):386-90.
  16. Kunita A, Kashima TG, Morishita Y, Fukayama M, Kato Y, Tsuruo T, Fujita N. The platelet aggregation-inducing factor aggrus/podoplanin promotes pulmonary metastasis. Am J Pathol. 2007 Apr;170(4):1337-47.
  17. Maeda D, Fujii A, Yamaguchi K, Tominaga T, Fukayama M, Mori M. Sarcomatoid carcinoma with a predominant basaloid squamous carcinoma component: the first report of an unusual biphasic tumor of the ureter. Jpn J Clin Oncol. 2007 Nov;37(11):878-83.
  18. Matsumoto L, Yamamoto T, Higashihara M, Sugimoto I, Kowa H, Shibahara J, Nakamura K, Shimizu J, Ugawa Y, Goto J, Dalmau J, Tsuji S. Severe hypokinesis caused by paraneoplastic anti-Ma2 encephalitis associated with bilateral intratubular germ-cell neoplasm of the testes. Mov Disord. 2007 Apr 15;22(5):728-31.
  19. Minaguchi T, Nakagawa S, Takazawa Y, Nei T, Horie K, Fujiwara T, Osuga Y, Yasugi T, Kugu K, Yano T, Yoshikawa H, Taketani Y. Combined phospho-Akt and PTEN expressions associated with post-treatment hysterectomy after conservative progestin therapy in complex atypical hyperplasia and stage Ia, G1 denocarcinoma of the endometrium. Cancer Lett. 2007 Apr 8;248(1):112-22.
  20. Morikawa T, Goto A, Tomita K, Tsurumaki Y, Ota S, Kitamura T, Fukayama M. Recurrent prostatic stromal sarcoma with massive high-grade prostatic intraepithelial neoplasia. J Clin Pathol. 2007 Mar;60(3):330-2.
  21. Morikawa T, Sugiyama A, Kume H, Ota S, Kashima T, Tomita K, Kitamura T, Kodama T, Fukayama M, Aburatani H. Identification of Toll-like receptor 3 as a potential therapeutic target in clear cell renal cell carcinoma. Clin Cancer Res. 2007 Oct 1;13(19):5703-9.
  22. Moriyama A, Kii I, Sunabori T, Kurihara S, Takayama I, Shimazaki M, Tanabe H, Oginuma M, Fukayama M, Matsuzaki Y, Saga Y, Kudo A. GFP transgenic mice reveal active canonical Wnt signal in neonatal brain and in adult liver and spleen. Genesis. 2007 Feb;45(2):90-100.
  23. Murata K, Ota S, Niki T, Goto A, Li CP, Ruriko UM, Ishikawa S, Aburatani H, Kuriyama T, Fukayama M. p63 - Key molecule in the early phase of epithelial abnormality in idiopathic pulmonary fibrosis. Exp Mol Pathol. 2007 Dec;83(3):367-76.
  24. Nakajima J, Goto A, Takamoto S, Murakawa T, Fukami T, Kusakabe M. Invasive lymphangioma of the lung manifesting as a large pulmonary mass with hemoptysis: report of a case. Surg Today. 2007;37(5):418-22.
  25. Nakajima J, Morota T, Matsumoto J, Takazawa Y, Murakawa T, Fukami T, Yamamoto T, Takamoto S. Pulmonary intimal sarcoma treated by a left pneumonectomy with pulmonary arterioplasty under cardiopulmonary bypass: report of a case. Surgery Today. 2007;37(6):496-9.
  26. Nakamura Y, Niki T, Goto A, Morikawa T, Miyazawa K, Nakajima J, Fukayama M. c-Met activation in lung adenocarcinoma tissues: an immunohistochemical analysis. Cancer Sci. 2007 Jul;98(7):1006-13.
  27. Nakamura Y, Matsubara D, Goto A, Ota S, Sachiko O, Ishikawa S, Aburatani H, Miyazawa K, Fukayama M, Niki T. Constitutive activation of c-Met is correlated with c-Met overexpression and dependent on cell-matrix adhesion in lung adenocarcinoma cell lines. Cancer Sci. 2008 Jan;99(1):14-22.
  28. Nakao K, Watanabe K, Fujishiro Y, Ebihara Y, Asakage T, Goto A, Kawahara N. Olfactory neuroblastoma: long-term clinical outcome at a single institute between 1979 and 2003. Acta Otolaryngol Suppl. 2007 Dec;(559):113-7.
  29. Nohara H, Furuya K, Kawahara N, Iijima A, Yako K, Shibahara J, Kirino T. Lymphoplasmacyte-rich meningioma with atypical invasive nature. Neurol Med Chir (Tokyo). 2007 Jan;47(1):32-5.
  30. Sano A, Kage H, Sugimoto K, Kitagawa H, Aki N, Goto A, Fukayama M, Nakajima J, Takamoto S, Nagase T, Yatomi Y, Ohishi N, Takai D. A second-generation profiling system for quantitative methylation analysis of multiple gene promoters: application to lung cancer. Oncogene. 2007 Oct 4;26(45):6518-25
  31. Sato N, Fukushima N, Hruban RH, Goggins M. CpG island methylation profile of pancreatic intraepithelial neoplasia. Modern Pathol. 2008 Mar;21(3):238-44.
  32. Shi C, Fukushima N, Abe T, Bian Y, Hua L, Wendelburg BJ, Yeo CJ, Hruban RH, Goggins MG, Eshleman JR Sensitive and quantitative detection of KRAS2 gene mutations in pancreatic duct juice differentiates patients with pancreatic cancer from chronic pancreatitis, potential for early detection. Cancer Biol Ther. 2007 Dec 2;7(3).
  33. Shimazaki M, Nakamura K, Kii I, Kashima T, Amizuka N, Li M, Saito M, Fukuda K, Nishiyama T, Kitajima S, Saga Y, Fukayama M, Sata M, Kudo A. Periostin is essential for cardiac healing after acute myocardial infarction. J Exp Med. 2008 Feb 18;205(2):295-303.
  34. Soda M, Choi YL, Enomoto M, Takada S, Yamashita Y, Ishikawa S, Fujiwara S, Watanabe H, Kurashina K, Hatanaka H, Bando M, Ohno S, Ishikawa Y, Aburatani H, Niki T, Sohara Y, Sugiyama Y, Mano H. Identification of the transforming EML4-ALK fusion gene in non-small-cell lung cancer. Nature. 2007 Aug2;448(7153):561-6.
  35. Suzuki S, Kitazawa T, Ota Y, Okugawa S, Tsukada K, Nukui Y, Hatakeyama S, Yamaguchi D, Matsuse S, Ishii T, Matsubara T, Yamauchi C, Ota S, Yahagi N, Fukayama M, Koike K. Dengue hemorrhagic shock and disseminated candidiasis. Intern Med. 2007;46(13):1043-6.
  36. Ushiku T, Chong JM, Uozaki H, Hino R, Chang MS, Sudo M, Rani BR, Sakuma K, Nagai H, Fukayama M. p73 gene promoter methylation in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma. Int J Cancer. 2007 Jan 1;120(1):60-6.
  37. Yamauchi C, Hasebe T, Iwasaki M, Imoto S, Wada N, Fukayama M, Ochiai A. Accurate assessment of lymph vessel tumor emboli in invasive ductal carcinoma of the breast according to tumor areas, and their prognostic significance. Hum Pathol. 2007 Feb;38(2):247-59.
  38. Wang T, Niki T, Goto A, Ota S, Morikawa T, Nakamura Y, Ohara E, Ishikawa S, Aburatani H, Nakajima J, Fukayama M. Hypoxia increases the motility of lung adenocarcinoma cell line A549 via activation of the epidermal growth factor receptor pathway. Cancer Sci. 2007 Apr;98(4):506-11.

● 原著論文(和文)

  1. 杉浦未紀、中島淳、師田哲郎、山本哲史、佐野厚、深見武史、村川知弘、太田聡、高本眞一. 補助体外循環下で完全切除した後縦隔血管腫の1例. 胸部外科 60(9):857-60, 2007.

● 学会発表(国際)

  1. 96th Annual meeting of United States and Canadian Academy of Pathology 2007.3.24-30 San Diego, USA ・Hishinuma M, Fukushima N, Shibahara J, Ota S, Kodama T, Aburatani H, Fukayama M. Evaluation of the Diagnostic Value of Glypican 3 for Hepatocellular Carcinoma in Liver Needle Biopsies. ・Morikawa T, Sugiyama A, Kume H, Tomita K, Kitamura T, Ota S, Fukayama M, Kodama T, Aburatani H. Overexpression of Toll?Like Receptor 3 in Clear Cell Renal Cell Carcinoma: A Potential Therapeutic and Diagnostic Target.
  2. East-West Symposium on Nasopharyngeal Carcinoma 2007.7.30-8.2 Sunshine Coast, Australia ・Hino R, Uozaki H, Ushiku T, Barua RR, Shintani Y, Sakatani T, Takada K, Fukayama M PTEN gene promoter methylation in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.
  3. AACR Molecular Diagnostics in Cancer Therapeutic 2007.9.18 Atlanta, GA, USA. ・Ishikawa S, Aburatani H. Copy number variation of the drug-associated genes.
  4. The 7th International Workshop on Advanced Genomics, 2007.11.27, Tokyo, Japan. ・Nishimura K, Ishikawa S, Tsutsumi S, Aburatani H. Seamless Zooming Viewer For Integrated Microarray Analysis.

● 国内学会、研究会

  1. ◇第34回日本病理学会関東支部学術集会 2007年2月10日 慶應義塾大学 ・坂谷貴司深山正久.稀有な組織像を呈した腹膜腫瘍の1例
  2. ◇第96回日本病理学会総会 2007年3月13日〜15日 大阪 ・池村雅子、齊藤祐子、新井冨生、沢辺元司、深山正久、村山繁雄.副腎を用いたレヴィー小体病の末梢自律神経系の病理学的検討 ・牛久哲男深山正久.Retiform hemangioendotheliomaの一例 ・菊地良直鹿島健司、西山尚志、島津和弘、工藤明、深山正久.ペリオスチンは癌間質相互作用を担う 大腸癌における解析 ・柴原純二、藤堂具紀、田中実、稲生靖、深山正久.神経膠腫における核分裂像の評価 Phospho-histone H3抗体を用いた検討 ・野田直宏福嶋敬宜柴原純二深山正久.“胆管内乳頭(粘液性)腫瘍”の臨床病理学的検討 ・菱沼美千代柴原純二山内直子太田聡福嶋敬宜、油谷浩幸、深山正久.ヒト正常組織および腫瘍組織におけるGlypican3の発現とその意義 ・前田大地、森正也.異所性肝組織に発生したと考えられる肝細胞癌の1剖検例 ・李治平、後藤明輝、村田研吾、太田聡深山正久.特発性肺線維症における血管新生と発癌
  3. ◇第35回日本病理学会関東支部学術集会 2007年6月16日 東京都立駒込病院 ・前田大地、高澤豊太田聡柴原純二深山正久.組織像及び臨床経過が非典型的であった卵巣卵黄嚢腫瘍の一例
  4. ◇第4回EBウイルス研究会 2007年6月29日 東京大学 ・日野るみ、宇於崎宏牛久哲男、バルア・リタ・ラニ、新谷裕加子、坂谷貴司、高田賢蔵、深山正久.EBウイルス関連胃癌におけるPTEN遺伝子のDNAメチル化解析 ・新谷裕加子、宇於崎宏、篠崎綾、日野るみ、牛久哲男深山正久.EBV関連胃癌におけるケモカインの検討
  5. ◇第93回東京脳腫瘍研究会 2007年7月7日 東京医科大学 ・柴原純二深山正久. 進行性の経過を辿るrosette-forming glioneuronal tumor of the forth ventricleの1例
  6. ◇第25回日本骨代謝学会学術集会 2007年7月19日〜21日 大阪 ・西山尚志、鹿島健司、島津和弘、大狭淳、島崎雅司、喜井勲、GrigoriadisAgamemnon E、深山正久、工藤明.ヒトペリオスチンは線維性骨異形成症に発現し、そのコラーゲン線維形成に関与する
  7. ◇日本分子腫瘍マーカー研究会 2007年10月2日 東京大学 ・入村達郎、伝田香里、石井-SchradeKatrin、李ユリ、岡田恭子、伊藤佑一、伊藤智子、櫻井実香、井口淳裕、築地信、永井重徳、成松久、小川利久、上西紀夫、後藤明輝深山正久.ムチンと糖鎖を巡る革新的な技術による腫瘍マーカー MUC21の腫瘍マーカーとしての可能性
  8. ◇第66回日本癌学会総会 2007年10月3日〜5日 横浜 ・国田朱子鹿島健司、藤田直也、加藤幸成、鶴尾隆、深山正久.骨肉腫の肺転移におけるAggrus/podoplaninの機能解析 ・松原大祐、石川俊平深山正久、仁木利郎.肺腺癌細胞株におけるMetとEGFR活性化の機能的重複 ・日野るみ宇於崎宏牛久哲男、バルア・リタ・ラニ、新谷裕加子、坂谷貴司、高田賢蔵、深山正久.EBウイルス関連胃癌におけるPTEN遺伝子のDNAメチル化解析 ・山本尚吾、緑川泰、森川鉄平、辻真吾、石川俊平、上村直子、赤木究、西村洋治、坂本裕彦、油谷浩幸.大腸癌における肝転移に関連した染色体変化の同定 ・米満恭子、遠藤宏樹、高橋宏和、市川靖史、嶋田紘、宇於崎宏深山正久、油谷浩幸、児玉龍彦、伊藤行夫、相良三奈、宮澤ちひろ、中島淳.大腸癌の新しい腫瘍マーカーシスタチンSNの開発と臨床病理的検討 ・李碩瑛、熊野恵城、中崎久美、真田昌、鈴木律朗、太田聡、半下石明、八木田秀雄、深山正久、瀬戸加大 黒川峰夫、小川誠司、千葉滋.びまん性大細胞性B細胞リンパ腫におけるNotch2変異と変異Notch2アレルのコピー数増加 ・渡辺亮、鳥巣勇一、野中綾、緑川泰、幕内雅敏、新井田厚司、秋山徹、柴原純二深山正久、島村隆浩、椙村春彦、銭谷幹男、油谷浩幸.新規Wntターゲット遺伝子NOTUMの同定と肝臓癌における異常発現
  9. ◇第48回日本脈管学会総会 2007年10月25〜27日 松本 ・浦部豪、出口順夫、橋本拓弥、高山利夫、永吉実紀子、西蔭誠二、木村秀生、重松邦広、高澤豊深山正久、宮田哲郎、名川弘一.加齢によるヒト正常大動脈・腸骨動脈壁の構造変化についての検討
  10. ◇第48回日本肺癌学会総会 2007年11月8〜9日 ・北野健太郎、中島淳、村川知弘、深見武史、吉田幸弘、長山和弘、前田大地、柴原純二深山正久、高本眞一.胸腺原発mucinous adenocarcinomaの1切除例 ・松原大祐、石川俊平深山正久、仁木利郎.分化マーカーの遺伝子発現プロファイルからみた肺腺癌株の分類とその分子細胞生物学的特性 ・松原大祐、深山正久、中島淳、仁木利郎.肺腺癌における上皮下型筋線維芽細胞の意義
  11. ◇第37回日本病理学会関東支部学術集会(第128回東京病理集談会 2007年11月10日 東京慈恵会医科大学 ・前田大地高澤豊太田聡柴原純二福嶋敬宜深山正久.多臓器浸潤をきたしたCD8陽性皮膚T細胞性リンパ腫の一剖検例
  12. ◇第69回日本臨床外科学会総会 2007年11月29日-12月1日 横浜 ・菊池弥寿子、小川利久、金内一、辻英一、林原紀明、坂谷貴司、上西紀夫.BLS患者に乳癌、肉腫を併発した一例
  13. ◇第46回日本臨床細胞学会秋季大会 2007年11月30日〜12月1日 仙台  ・瀬田章福嶋敬宜竹内裕子佐藤孝夫角田千能深山正久.液状細胞診システム(ThinPrep2000)における喀痰細胞診像
  14. ◇Showa Pathology Seminar for Pancreatobiliary Disease 2007 Tokyo ・Tanaka M, Fukushima N, Ushiku T, Beck Y, Akahane M, Inoue Y, Hanaoka S, Kokudo N, Fukayama M. A serous neoplasm of the pancreas showing unusual radiological and pathological features。
  15. ◇第80回日本胃癌学会総会 2008年2月27日〜29日 横浜 ・牛久哲男宇於崎宏篠崎綾新谷裕加子日野るみ坂谷貴司深山正久.胃癌におけるGlypican 3発現の意義およびAFP産生胃癌との関連
  16. ◇お茶の水がん学アカデミア第43回集会 2008年3月25日 東京 ・坂谷貴司.エピジェネティックな多様性と疾病発症
  17. ◇第94回東京脳腫瘍研究会 2008年3月39日 東京医科大学 ・柴原純二深山正久.Glioneuronal tumor with neuropil-like islandsの1例
  18. ◇第148回日本肺癌学会関東支部会 2007年3月17日 新潟 ・肺過誤腫の一亜型と思われる上皮成分と平滑筋成分からなる腫瘍の1切除例.中島淳、村川知弘、深見武史、佐野厚、杉浦未紀、高本眞一、柴原純二
  19. ◇第149回日本肺癌学会関東支部会 2007年7月7日 東京 ・吉田幸弘、 北野健太郎、 長山和弘、 深見武史、 村川知弘、 中島淳、 高本眞一、 前田恵理子、 稲生信一、 渡谷岳行、 太田聡深山正久、 幸山正.2年間の経過を経て診断された心膜原発multicystic mesotheliomaの1例
  20. ◇第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 2007年10月14日 群馬 ・松葉悠子、大石元、荷見よう子、中川俊介、大須賀穣、八杉利治、矢野哲、武谷雄二、太田聡高澤豊深山正久.初回治療10年後に小腸に再発をきたした子宮頸部腺癌IIb期の1例
  21. ◇第549回 日本内科学会関東地方会例会 2007年11月10日 東京 ・吉見昭秀、熊野恵城、高澤豊太田聡、高橋強志、本倉徹、千葉滋、深山正久、黒川峰夫.生体肝移植後に発症しESHAP療法が奏効したLangerhans cell sarcoma
  22. ◇第145回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2008年2月9日 東京 ・桑野秀規、中島淳、村川知弘、深見武史、吉田幸弘、日下部将史、高本眞一、太田聡.自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法後に切除した前縦隔悪性胚細胞性腫瘍の1例
  23. 第49回日本老年医学会 2007年6月20日-22日 札幌 ・吉川充浩, 幸山正, 水口英彦, 大石展也, 村川知弘, 深見武史, 中島淳, 宇於崎宏, 長瀬隆英. 2年の経過で石灰化病変が増大したアスペルギローマの1例. 日本老年医学会雑誌 44(6) 772-773, 2007.11) 第50回日本腎臓学会学術総会 2007年5月25日〜27日 浜松 ・池田洋一郎, 石橋由孝, 南学正臣, 藤乗嗣泰, 宇於崎宏, 藤田敏郎. mesalazine投与中止後の潰瘍性大腸炎に合併した腎障害の1例. 日本腎臓学会誌 49(6) 628 ・原田美貴, 堀雄一, 藤乗嗣泰, 関常司, 宇於崎宏, 藤田敏郎. 腎動脈瘤自然破裂にて診断された結節性多発動脈炎の一例. 日本腎臓学会誌49(6) 601 ・浅羽研介, 藤乗嗣泰, 小野里マリステラリカ, 池田洋一郎, 河原崎和歌子, 河原崎宏雄, 柴垣有吾, 南学正臣, 宇於崎宏, 藤田敏郎. 抗MPO抗体による膜性腎症を合併した急速進行性腎炎の一例. 日本腎臓学会誌 49(6) 596

● 総説・著書

  1. Hruban RH, Wilentz RE, Fukushima N, Goggins M : Pancreas. In Cancer Hand Book 2nd edition, John Wiley & Sons, Ltd. 2007.
  2. Hruban RH, Fukushima N : Pancreatic adenocarcinoma-update on the surgical pathology of ductal origin and PanINs. Mod Pathol 20, S61-70, 2007.
  3. Hruban RH, Maitra A, Fukushima N : Pathology of pancreatic cancer. In Beger HG, Matsuno S, Cameron JL(eds): Disease of the Pancreas: Current Surgical Therapy, Springer, pp497-512, 2008.
  4. 大池信之、福嶋敬宜:膵癌はどこから発生するか.胆と膵 28:143-148,2007.
  5. 大池信之、福嶋敬宜:稀な症例にぶつかった.さて診断はどうする? 胆と膵 28:313-318, 2007.
  6. 太田聡深山正久:肺リンパ腫−肺リンパ増殖性疾患の病理.日本胸部臨床 66(3):181-189, 2007.
  7. 牛久哲男深山正久:大腸癌の病理組織学的特徴.よくわかる大腸癌のすべて(小西 文雄編)、永井書店、東京、2007.
  8. 柴原純二深山正久:永久標本の迅速作成と当日診断 in 外科病理学マニュアル 病理と臨床26巻臨増:349-353, 2008
  9. 菱沼美千代深山正久:癌胎児性蛋白.病理と臨床25巻臨増:305-309, 2007.
  10. 日比康太、福嶋敬宜、土田明彦、祖父尼淳、糸井隆夫、森安史典、向井清、青木達哉:膵肝内乳頭粘液性腫瘍の組織亜型分類と膵液細胞診.膵臓 22:519-520, 2007.
  11. 深山正久(編著):新体系看護学 別巻1「病理学」、メヂカルフレンド、東京、2007.
  12. 深山正久:「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」について.日本医師会雑誌136巻4別冊 :13-15, 2007
  13. 深山正久:肺リンパ増殖性疾患の病理.呼吸器疾患−state of arts.Ver.5 医学のあゆみ別冊(北村諭,工藤翔二,石井芳樹編),医歯薬出版,東京,pp462-464, 2007.
  14. 深山正久:外科病理学の過去、現在、そして近未来 in 外科病理学マニュアル 病理と臨床26巻臨増:2-10, 2008.
  15. 福嶋敬宜、大池信之:病理形態を基盤にした研究の展開.胆と膵 28:137-142, 2007.
  16. 福嶋敬宜:胆、膵(内分泌含む)in 診断に役立つ免疫組織化学 病理と臨床25巻臨増:81-88, 2007.
  17. 福嶋敬宜:病理学の立場からみたIPMNの発生した膵の変化-通常型膵管癌の発生母地といえるか.消化器画像 9:329-334, 2007.
  18. 福嶋敬宜、大池信之:臨床・病理の良好な関係がもたらすWIN-WIN-WIN.胆と膵 28:307-311, 2007.
  19. 福嶋敬宜、能登原憲司: Lymphoplasmacytic sclerosing pancreatitis (LPSP)とidiopathic duct-centric chronic pancreatitis (IDCP)からみた自己免疫性膵炎.肝胆膵 56:247-252, 2008.
  20. 福嶋敬宜:膵癌の病理学(最近の知見).Pharma Medica 26(1):13-16, 2008.
  21. 福嶋敬宜:膵臓 in 外科病理学マニュアル 病理と臨床26巻臨増:179-184, 2008.
  22. 福嶋敬宜:膵臓の生検標本の読み方(生検標本の読み方 第11回).G.I. Research 16:170-176, 2008.
  23. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ ITと共に. 病理と臨床 26(3) 297-301, 2008.
  24. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ IT時代の病理教育. 病理と臨床 26(2) 171-175, 2008.
  25. 石川俊平, 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ 病理診断におけるインターネットの活用. 病理と臨床 26(1) 75-79, 2008.
  26. 金子伸行, 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ 標本作製の自動化 . 病理と臨床 25(12) 1267-1272, 2007.
  27. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ 病理業務支援システム. 病理と臨床 25(11) 1163-1170, 2007.
  28. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ IT時代のセキュリティ対策(2). 病理と臨床 25(10) 1043-1048, 2007.
  29. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ IT時代のセキュリティ対策(1). 病理と臨床 25(9) 929-935, 2007.
  30. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ Virtual Slide. 病理と臨床 25(8) 801-805, 2007.
  31. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ ホームページのすすめ(2). 病理と臨床 25(7) 695-700, 2007.
  32. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ デジタル化のすすめ. 病理と臨床 25(6) 567-572, 2007.
  33. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ サーバをあつかう. 病理と臨床 25(5) 467-473, 2007.
  34. 宇於崎宏. 病理とIT 実践へ ホームページのすすめ. 病理と臨床 25(4) 372-376, 2007.

● 講演

  1. 石川俊平:薬剤関連遺伝子のコピー数多型.日本薬物動態学会 ビジョン・シンポジウム 2007年7月19日
  2. 石川俊平:ゲノムコピー数解析の現状・課題・展開.Affymetrix GeneChip フォーラム 2007年11月2日
  3. 石川俊平:ヒトゲノムコピー数多型の全容.第13回動物遺伝育種シンポジウム 2007年11月25日
  4. 石川俊平:遺伝子にも個人差があった.文部科学省特定領域研究「応用ゲノム」市民講座 2008年1月19日
  5. 深山正久:診療関連死の死因究明モデル事業の法制化に向けての経過と問題点.第37回日本病理学会関東支部学術集会@東京、2007年11月10日.
  6. 深山正久:「医療安全調査委員会」(仮)設置にむけた経過と最近の動き.第95回日本病理学会中四国支部学術集会@広島、2008年2月16日.
  7. 福嶋敬宜:膵管内腫瘍の病理up date.第21回腹部放射線研究会【基調講演】、2007年6月、宮崎.

● その他

  1. 楠本万里子、山口徹、児玉安司、深山正久、森山仁美、村上裕子(座談会):調整看護師 診療関連死をめぐる新たな役割.看護59(11): 66-74, 2007.
  2. 鈴木利光、中村栄男、深山正久、山川光徳、吉野正(監訳):「ルービン病理学.臨床医学への基盤」.西村書店、東京、2007.
  3. 深山正久(訳):12章呼吸器系.ルービン病理学「ルービン病理学.臨床医学への基盤」.西村書店、東京、2007.
  4. 深山正久(企画、実施、司会):日本学術会議公開講演会「医療関連死を考える−解剖に基づく新たな死因究明制度」 東京大学、2008年3月21日.
  5. 福嶋敬宜:その「道」の究め方−消化器病に挑み続ける先駆者たち−第1回 羽生富士夫.胆と膵28:461-469, 2007.
  6. 福嶋敬宜:その「道」の究め方−消化器病に挑み続ける先駆者たち−第2回 大藤正雄.胆と膵 28:599-606, 2007.
  7. 福嶋敬宜:その「道」の究め方−消化器病に挑み続ける先駆者たち−第3回 竹内正.胆と膵 28:897-904, 2007.
  8. 福嶋敬宜:その「道」の究め方−消化器病に挑み続ける先駆者たち−第4回 加藤洋.胆と膵 28:1039-1046, 2007.
  9. 福嶋敬宜:その「道」の究め方−消化器病に挑み続ける先駆者たち−第5回 土屋凉一.胆と膵 29:163-170, 2008.
  10. 福嶋敬宜:平成20年 今年の胆膵病理動向.胆と膵 29:5, 2008.
  11. 山口和克、深山正久福嶋敬宜(監修)、喜田映介訳、リチャード・ウォーカー著「人体」、ランダムハウス講談社、東京、2007.
●研究費
  1. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)一般、平成18-19年度.「EBウイルス関連胃癌の発生機構.病原体・宿主相互DNAメチル化を軸として」代表者 深山正久、直接経費640万円+間接経費192万円
  2. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)海外、平成19−22年度.「SV40.日本、アジアにおける分子疫学」代表者 深山正久、直接経費420万円+間接経費126万円
  3. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)一般、平成18−20年度.「膵管癌の早期診断法の開発発を目指した前駆病変の病理学的検討」代表者 福嶋敬宜、320万円(140万円)
  4. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)一般、平成18-19年度.「EGFR変異と発現クラスター解析で肺腺癌の臨床病理学的悪性度診断を再構築する」代表者 太田聡、395万円(195万円)
  5. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)一般、平成16-19年度.「肉腫診断のためのcDNAアレイ開発とその臨床応用に関する研究」 代表者 高澤 豊
  6. 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究(応用ゲノム)、平成18-19年度.「ヒト疾患関連コピー数多型解析」代表者 石川俊平、980万円
  7. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)、平成18-19年度.「癌のアレルコピー数不均衡解析による機能性ハプロタイプの同定」代表者 石川俊平、350万円
  8. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)、平成19-20年度.「消化管癌におけるマイクロRNA発現制御機構の解明」代表者 坂谷貴司、310万円(200万円)
  9. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)、平成19-20年度.「組織マイクロアレイを用いた肝細胞癌の免疫組織学的検討−有意な腫瘍群の抽出の試み」代表者 柴原純二、330万円(170万円)
  10. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)、平成19-20年度.「早期胃癌に対する内視鏡治療の組織学的適応基準の最適化を目指した病理組織学的解析」代表者 牛久哲男、372万円(190万円)
  11. 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B),平成17-19年度,「胃癌におけるDNA高頻度メチル化群の特徴抽出と治療への応用」,代表者 宇於崎 宏,(110万円).
  12. 車両財団 平成17−19年度.「肺癌の進展に関連した遺伝子の統合的解析」分担者 深山正久(代表者 仁木利郎)
  13. 医薬基盤研究所「保険医療分野における基礎推進事業」プロジェクト、平成17−21年度.「ゲノム抗体創薬によるガンと生活習慣病の統合的診断・治療法の開発」分担者 深山正久(代表者 児玉龍彦)

当サイトの著作権は特に明記の無い限り、人体病理学・病理診断学分野に所属します。内容については正確であるよう心がけていますが、当サイトの情報利用による、あるいは、関連する一切の損害については人体病理学・病理診断学分野は賠償責任を負いません。
Copyright (C) 2001-2008 Department of Pathology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, all rights reserved.