スタッフと研究

スタッフ自己紹介

スタッフ自己紹介(2017年度)
佐々木、牛久(哲)、森川、池村、牛久(綾)、山内、
新谷、国田、田中(麻)、阿部、種井、田中(淳)、日向、宮川

最新の年報と業績

畠山研究室との共同研究 2016年3月
畠山教授グループは,ピロリ菌タンパク質CagAの発がん活性を抑制する酵素SHP1を発見し,EBウイルスを感染させた胃の細胞では DNAメチル化によりSHP1の発現が抑制され,CagAの発がん活性が増強することを見出しました. ※詳細はPDFこちら[PDF: 598KB]をご覧下さい.

EBウイルス由来マイクロRNAが抗アポトーシス作用をもち,胃発がんに寄与していることを発見 2015年3月
牛久綾特任講師がEBウイルス関連胃癌におけるEBウイルス由来マイクロRNA発現プロフィールを明らかにし,miR-BART4-5pがBidを抑制し,抗アポトーシス作用によって発がんに寄与していることをみいだしました.J Virol. 89(10):5581-91

石川俊平研究室との共同研究 2014年5月13日
石川俊平教授グループは,がんのゲノムシーケンシングにより難治性スキルス胃がんの治療標的候補となるRhoA遺伝子の活性化変異を同定しました. ※詳細はPDFこちら[PDF: 504KB]をご覧下さい.

業績
 2015年度 業績
和文
 2015年報 人体病理学・病理診断学教室  2015年報 病院病理部
英文
 2015年報 人体病理学・病理診断学教室  2015年報 病院病理部

教室員集合写真 (2017年3月15日)

人体病理集合写真

病理部 集合写真 (2017年4月10日)

病理部集合写真

業績 (年度ごとの論文,総説,学会発表など)

2015年度業績2014年度業績2013年度業績2012年度業績2011年度業績
2010年度業績2009年度業績2008年度業績2007年度業績2006年度業績
2005年度業績2004年度業績2003年度業績2002年度業績2001年度業績

年報 (東京大学大学院医学系研究科・医学部年報に収載,論文は暦年)

和文
人体病理学・病理診断学教室>
2015 年度2014 年度2013 年度2012 年度2011 年度
病院病理部
2015 年度2014 年度2013 年度2012 年度2011 年度

2008年以前
人体病理学・病理診断学教室
2008 年度2007 年度2005 年報,  2002 年報.  2000 年報
病院病理部
2008 年度2007 年度

英文 English
Department of Pathology
2015, 2014, 2013, 2012, 2011
Diagnostic Pathology
2015, 2014, 2013, 2012, 2011
before 2008
2008 Department of Pathology,  2008 Diagnostic Pathology
2007 Department of Pathology,  2007 Diagnostic Pathology
2005 Biennial Report
2003 Biennial Report
2003 Biennial Report (Diagnostic Division)
2001 Biennial Report
1999 Biennial Report

PROSPECTUS
We investigate the pathogenesis and pathobiology of disease, especially the neoplasmic diseases, using morphological techniques. Our goal is to discover new entities and to clarify unknown pathogenesis of diseases through the interaction with clinical medicine.

- Chronic inflammation and neoplasm
- Application of molecular pathology to diagnostic pathology
Report of the External Review
Prof. Fukayama (Department of Human Pathology) conducts high-quality "niche" research on Epstein-Barr virus-Associated neoplasms and on lung carcinoma. This area, however, needs to introduce more new methodologies of molecular patholgy. Their decision to merge with the Division of Surgical Pathology of the University Hospital is reasonable and would allow more translational research.