研究に関する自己紹介 20184

佐々木 毅

Takeshi Sasaki


准教授

遠隔病理診断・地域連携センター長

ゲノム病理標準化センター
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医

「遠隔病理診断・地域連携推進室」を担当します。日本では慢性的な病理医不足のために全国約8,800病院中、病理医が常勤 で勤務する病院はわずか500病院程度。がんを扱う「がん診療連携拠点病院」ですら、約14%の病院に常勤病理医が不在という異常な事態となっています。また500病院中の約35%の病院は一人病理医病院です。このような病理医不在病院、あるいは 一人病理医病院の病理診断の援助、若手診断病理医の育成等を目的とします。平成24年に新設された「病理診断保険医療機関連 携」を活用した、それに特化した全国の魁となるプロジェクトになります。このプロジェクトを成功させ、東大を発信源として全国に広げたいと考えております。病理診断に携わって25年、サブスペシャリティーは乳がん、前立腺がんなどの泌尿器科領域、コンパニオン診断(特にHER2)です。「病理診断科」として、月1回、患者さんに病理診断を説明する「乳腺病理診断外来」も担当します。

牛久 哲男

Tetsuo Ushiku

准教授
東大医卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医

学位研究課題として「EBウイルス関連胃癌のDNAメチル化異常」の研究を通して、胃癌の多様性とその分子生物学的背景に興味を持ち、胃癌におけるHER2などの分子標的発現の検討や、EBウイルス関連胃癌、AFP産生胃癌、浸潤性微小乳頭型腺癌、腸上皮化生類似低異型度癌といった臨床病理学的に特徴的な胃癌の研究を行ってきた。2012年度は米国ハーバードメディカルスクール/マサチューセッツ総合病院のGregory Y Lauwers教授の元で消化管病理の研鑽を積み、特にバレット食道関連疾患、炎症性腸疾患、自己免疫性・薬剤性疾患などの欧米型消化管疾患を多数経験することができた。これらの経験と診断病理医の視点を生かした消化管疾患の臨床病理学的研究を進めていきたいが、特に臨床的に意義のある研究を目指したい。

池村 雅子

Masako Ikemura

講師(CPC教育推進室)
群馬大医卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医

大学院前半は、都立駒込病院病理科、東大病院病理部にて病理診断を学びました。大学院入学当初から神経病理学に興味があり、大学院後半より東京都健康長寿 医療センター高齢者ブレインバンク村山繁雄先生のもとで、神経病理の基礎を学ぶとともにLewy小体病の全身病理学的所見に関して研究を進め、Lewy小体病では皮膚に 分布する神経束にも病変が広がっている事、皮膚生検によるパーキンソン病の確定診断の可能性がある事を示しました。卒後三井記念病院病理部、帝京大学病理学講座を経て、2010年4月現職に着任しました。経験、知識を積んで診療に役立つ病理診断を行うとともに、卒後疎かにしていた研究についても修練を積みたいと思っています。

牛久 綾(旧姓 篠崎)

Aya Shinozaki-Ushiku

講師
東大医卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医

初期臨床研修後、大学院博士課程を経て、2010年4月より助教。2012年4月から2013年1月まで、米国Massachusetts General Hospital、Massachusetts Eye and Ear Infirmaryへ留学し、頭頸部病理診断学を学びました。2016年4月より現職。大学院博士課程から現在まで、EBV関連胃癌における発癌機構の解明をテーマとし、細胞接着因子の発現やヒトおよびウイルス由来のmicroRNA発現異常などの観点から研究を行っています。このほか、頭頚部(唾液腺腫瘍)、肺(腫瘍および非腫瘍性疾患)、血液(悪性リンパ腫、白血病)などの領域にも関心があります。癌に対する分子標的治療や難治性疾患に対する移植医療など、近年の医療の進歩に伴い、病理診断の重要性がますます高まっていますが、それに応えられるような質の高い病理診断を提供できるよう日々心がけています。さらに研究の面では、形態学から得られる知見を基盤とし、新たな分子生物学手法を積極的に取り入れることにより、種々の疾患の病態を解明することを目標としています。

山内 直子

Naoko Yamauchi

助教(人体病理)
東大医卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医

大学院時代は、婦人科病理、特に子宮内膜癌とその前癌病変としての子宮内膜増殖症に関心が強く、これらの病変の発生と進展について病理組織学的並びに免疫組織化学的に研究を進めてきた。 その後、深山教授の下、病理診断学と肝細胞癌の研究を進め、glypican3が肝細胞癌の新しい組織診断マーカーとなることを報告した。Global COE(疾患のケミカルバイオロジー教育研究拠点)の特任、先端融合領域イノベーション創出拠点の特任を経て、代謝疾患の原因及び病態進行のメカニズム解明を目指すとともに,研究成果を診断治療に役立てるべく、免疫組織化学、酵素組織化学、ISH、電子顕微鏡的解析等を進め、基礎と臨床の懸け橋となっていきたいと思っている。

堂本(新谷)裕加子

Yukako Shintani

特任講師(病院)
浜松医大卒
医師、医学博士
日本内科学会認定内科医
日本病理学会認定専門医

学生実習の際に病理診断に興味を持ち、医学部を卒業後、駒込病院病理科で1年間病理学を学びましたが、全般的な臨床知識の必要性を感じ、三年間、内科を中心に臨床研修をしました。大学院修了後は三井記念病院病理診断科、帝京大学病理部に勤務し、2011年4月より助教、2017年3月より現職。 専門臓器は心臓・血管、腎臓で、システムズ薬理学の協力を得て、質量解析を用いた心筋の蛋白質の経時変化やアミロイドーシスの原因蛋白の同定に関する研究を行っています。

国田 朱子

Akiko Kunita

助教(人体病理)
東大院医2008年修了
医学博士

学部時代は生物学を専攻し、分子生物学及び生化学の基礎を学び活性型RNA酵素(リボザイム)のスクリーニング系の開発に従 事した。大学院修士課程より東京大学分子細胞生物学研究所にて基礎医学研究を開始し、動物癌転移モデルや細胞生物学的手法を 用い癌転移に関与する血小板凝集因子 podoplaninの機能解析を行い学位取得。その後3年間スイス・バーゼル大学生化学遺伝学研究所においてマウスinsulinoma発癌モデルを用い上皮間葉移行 (EMT: epithelial mesenchymal transition)に注目した発癌研究を行った。20114月より現職。現在のテーマは腫瘍集団浸潤メカニズムの解明及びE-cadherin発現抑制により誘発さ れるシグナル解析。癌治療に結びつくトランスレーショナルリサーチを病理学教室から発信していきたい。

田中 麻理子

Mariko Tanaka

助教(人体病理)
東大医2006年卒
医師、医学博士

日本病理学会認定専門医

大学卒業後、同附属病院で初期臨床研修2年間、うち自由選択期間に同院病理部で研修、その後同大学院博士課程において深山教 授の指導のもと、膵癌・胆管癌を中心として病理組織学的検討を行い、また、膵前癌病変における胃型形質発現に着目して膵発癌の一端を解明しようと努めました。2012年4月より現職。患者さんに不利益のない診断力と俯瞰的な視点を持つ診断医を目指し、現在は病理診断および病理解剖の修行に励んでおります。

阿部 浩幸

Hiroyuki Abe

特任講師(病院)
東大医2007年卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医

日本臨床細胞学会細胞診専門医

大学卒業後は千葉県の総合病院国保旭中央病院で2年間の初期臨床研修を行い、その後は同病院の臨床病理科で1年間、病理診断 及び病理解剖の基礎を学びました。東大に戻ってからは、病理部で病理診断・解剖の研鑽に努めるとともに、深山教授の指導の下でEBV関連胃癌の研究に携わりました。具体的には、EBV関連胃癌におけるクロマチンリモデリング因子ARID1Aの免 疫組織学的検討や、ウイルス由来microRNAの細胞外分泌に関する研究を行いました。2013年4月より助教、2017年4月より現職。今後も病理診断能力の向上に努めるとともに、消化管病理を形態・分子の両面から研究して参りたいと考えております。

日向宗利

MunetoshiHinata

助教(病院)
東大医卒2011年卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医


初期臨床研修終了後、大学院に入学し、国立国際医療研究センター病院で1年間病理診断を学びました。その後東大病院で診断を学びつつ、EBV関連胃癌の微小環境に関する研究を行いました。2017年3月に大学院を卒業し、4月より現職。形態学の視点から疾患を理解し、これからの研究および診療に貢献できるよう努めたいと思います。

西東 瑠璃

Ruri Saito

特任助教、文科省「つなぐ」プロジェクト
福島医大2010年卒
医師、医学博士
日本病理学会認定専門医

大学卒業後、東大病院での初期臨床研修中に実臨床における病理診断の重要性に気付き、病理部での研修を選択しました。そのまま1年間の後期研修を行い病理診断・病理解剖の基礎を学びました。翌年大学院に進学し、1年目は三井記念病院にて主に病理解剖を修練しながら病理医としての心構えを学び、2年目からは深山教授のご指導のもと胃癌と炎症・免疫関連分子について特にPD-L1及びNLRP3に着目してその機能解析を行いました。大学院修了後は帝京大学病理学講座を経て、2018年4月より現職に着任しました。福島関東病理法医連携プログラム「つなぐ」の担当として、若手医師が不安なく診断・研究に邁進できるよう環境づくりを行います。また自分自身も病理医として研鑽を積みながら腫瘍免疫関連の研究を続けていきたいと思っています。

牧瀬 尚大

Naohiro Makise

助教(人体病理)
東京大学2012年卒
医師、医学博士

初期臨床研修終了後に大学院へ入学し、前半は国立国際医療研究センター病院にて病理診断を学びました。大学院後半より国立がん研究センター中央病院にて吉田朗彦先生のもとで肉腫の病理診断を学ぶとともに、種々の肉腫におけるMDM2遺伝子増幅・H3K27me3消失と、脱分化・異所性分化との関係について研究し学位を取得しました。大学院卒業後、2018年4月より現職に着任しました。病理診断において、ゲノム・エピゲノムなどの分子異常の意義がますます増してきています。組織像・臨床像・分子異常を統合することで、より正確な病理診断を行うとともに病理診断学の発展に貢献していきたいと考えています。

三角 健人

Kento Misumi

助教(病院)
東京大学2012年卒
医師、医学博士

東大病院での2年間初期研修中に病理部で研修し、その後は三井記念病院および東大病院にて病理診断、病理解剖について学びました。また、大学院に入学し、肝内胆管癌の中でも臨床像、組織形態および分子病態の異なる二亜型についての研究を行いました。2018年4月より現職。日常の病理診断や、学生教育にも貢献するべく精進して参ります。

山澤 翔

Sho Yamazawa

助教(病院)
東京大学2012年卒
医師、医学博士

初期臨床研修終了後に大学院に入学し、都立駒込病院で1年間病理診断を学びました。その後東京大学医学部附属病院で病理診断を学びつつ、深山教授の御指導の下で胎児型形質を有する胃癌についての研究を行いました。2018年3月に大学院を卒業し、4月より現職に就きました。質の高い診断、研究を目指して日々研鑽を積んで参ります。

(順不同)


当サイトの著作権は特に明記の無い限り、人体病理学・病理診断学分野に所属します。内容については正確であるよう心がけていますが、当サイトの情報利用による、あるいは、 関連する一切の損害については人体病理学・病理診断学分野は賠償責任を負いません。

Copyright (C) 2001-2013 Department of Pathology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, all rights reserved.