年表

明治10(1877)年4月12日東京大学設立。旧東京医学校は東京大学医学部として受け継がれる
明治10(1877)年病理学講座は本科生にベルツ、通学生には三宅秀
明治18(1885)年解剖学教師ディッセ、病理学専任教師となる(本邦専任病理学教師のはじめ)
明治19(1886)年3月1日帝国大学医科大学に改称
明治20(1887)年3月17日三浦守治帝国大学医科大学教授。病理学教室開講講義
明治20(1887)年5月26日ディッセ解雇、帰国
明治26(1893)年9月11日帝国大学講座制、三浦守治教授が病理学第一講座教授に就任
明治28(1895)年9月21日山極勝三郎教授が病理学第二講座教授に就任
明治30(1897)年6月18日東京帝国大学医科大学に改称
明治43(1910)年4月山極勝三郎教授が病理学第一講座教授に就任
明治44(1911)年4月5-6日日本病理学会設立、東大病理教室にて第1回日本病理学会総会が開催される
明治44(1911)年11月28日長与又郎教授が病理学第二講座教授に就任
大正6(1917)年6月28日剖検された症例が10,000例目に
大正8(1919)年4月1日東京帝国大学医学部に改称
大正12(1923)年11月緒方知三郎教授が病理学第一講座教授に就任
昭和5(1930)年 1月24日三田村篤志郎教授 (伝染病研究所)
昭和7(1932)年11月三田村教授が病理学第一講座教授に就任
昭和9(1934)年12月27日長与教授が総長に就任
昭和10(1935)年2月26日三田村教授が病理学第二講座教授に就任、医学部専任となる
昭和11(1936)年2月27日緒方富雄講師助教授 (血清化学講座担任)
昭和11(1936)年5月14日血清学研究室を病理学教室に移し「病理学教室血清学部」と称す
昭和12(1937)年4月2日病理学教室創立50周年
昭和17(1942)年4月「血清学教室」が独立
昭和18(1943)年6月鈴木遂教授が病理学第一講座教授に就任
昭和21(1946)年9月岡治道教授が病理学第一講座教授に就任、結核研究所所長
昭和26(1951)年4月第40回日本病理学会総会
昭和27(1952)年8月吉田富三教授が病理学第一講座教授に就任
昭和32(1957)年3月26日剖検された症例が20,000例目に
昭和38(1963)年4月太田邦夫教授が病理学第一講座教授に就任
昭和30(1955)年中央検査部の一部門として「病理検査室」を設置
昭和50(1975)年病理検査室が「病院病理部」として独立
昭和48(1973)年12月森亘教授が病理学第一講座教授に就任
昭和53(1978)年認定病理医制度が発足
昭和56年(1981)年11月13日剖検例が30,000例目に
昭和58(1983)年8月浦野順文教授が病理学第二講座教授に就任
昭和60(1985)年4月森亘教授、総長に就任
昭和60(1985)年浦野順文教授が病理学第一講座・第二講座教授を兼任、附属病院病理部長
昭和62(1987)年病理学教室創立100周年
昭和63(1988)年4月町並睦生教授が病理学第一講座教授に就任、附属病院病理部長
平成3(1991)年附属病院においてCPCが開始
平成7年(1995)年4月大学院部局化により東京大学大学院医学系研究科病因・病理専攻病理学講座人体病理学分野となる
平成7年(1995)年10月附属病院病理部創立20周年
平成11(1999)年7月深山正久教授が人体病理学分野教授に就任
平成15(2003)年病因病理学専攻人体病理学分野と内科学専攻病理診断学分野が統合し、人体病理学・病理診断学分野へ
平成15(2003)年5月深山教授が附属病院病理部長併任
平成16(2004)年病理部に連続迅速組織標本作製装置の導入
平成17(2005)年病理検査室50周年、病理部30周年
平成17(2005)年研究室を医学部本館から教育研究棟へ移動
平成18(2006)年病理部に自動染色機、液状細胞診システムの導入
平成23(2011)年4月28-30日第100回日本病理学会総会を開催(安田講堂)
平成24(2012)年病理学教室創立125周年記念式典
平成24(2012)年病理部内に遠隔病理診断地域連携推進支援センター立上げ
平成26(2014)年病理部内に「ゲノム病理標準化センター」を設置
平成27(2015)年4月2日剖検例が35,000例目に、記念式典開催。
平成27(2015)年「総合医学教育のためのCPC教育推進室」を設置
平成28(2016)年病理部ISO15189認定取得
平成29(2017)年4月牛久哲男教授が附属病院病理部長へ
平成30(2018)年2月東大病院ががんゲノム医療中核拠点病院に選定され、がんパネル検査・エキスパートパネルがスタート
平成30(2018)年10月20日病理検査室60周年、病理部40周年記念シンポジウム
令和元(2019)年5月牛久教授が人体病理学・病理診断学教授へ就任