年表

明治10(1877)年 4月12日東京大学設立。旧東京医学校は東京大学医学部として受け継がれる
病理学講座は本科生にベルツ、通学生には三宅秀
明治18(1885)年解剖学教師ディッセ、病理学専任教師となる(本邦専任病理学教師のはじめ)
明治19(1886)年3月1日帝国大学医科大学に改称
明治20(1887)年3月17日三浦守治帝国大学医科大学教授。病理学教室開講講義
明治20(1887)年5月26日ディッセ解雇、帰国す
明治26(1893)年9月11日帝国大学講座制 (三浦教授第一講座担任)
明治28(1895)年9月21日山極勝三郎教授 (病理学第二講座担任、1910 三浦教授休職以降は第一講座担任)
明治30(1897)年6月18日東京帝国大学医科大学に改称
明治44(1911)年4月5-6日日本病理学会設立、東大病理教室にて第一回日本病理学会総会が開催される
明治44(1911)年11月28日長与又郎教授 (病理学第二講座担任)
大正8(1919)年4月1日東京帝国大学医学部に改称
昭和5(1930)年 1月24日三田村篤志教授 (伝染病研究所)
昭和9(1934)年12月27日長与教授、総長に任ぜられる
昭和10(1935)年2月26日三田村教授、医学部専任となる
昭和11(1936)年2月27日緒方富雄講師助教授に任ぜられる (血清化学講座担任)
昭和11(1936)年5月14日血清学研究室を病理学教室に移し「病理学教室血清学部」と称す
昭和12(1937)年4月2日教室50周年記念会
昭和17(1942)年4月「血清学教室」が独立
昭和30(1955)年中央検査部の一部門として「病理検査室」が設置された
昭和50(1975)年病理検査室が「病理部」として独立
昭和56年(1981)年11月13日剖検された症例が3万例目に