論文発表

2022年3月3日、山澤助教の論文がVirchows Archiv誌にオンライン掲載されました。

癌肉腫の癌成分は通常の癌と比べて幼若な細胞形質を有しており、細胞分化の可塑性が高まることで、間葉系細胞分化を生じて癌肉腫が形成される可能性を示しました。癌肉腫の成り立ちに関する新たな学説を提唱する論文となりました。

https://doi.org/10.1007/s00428-022-03307-6